ブログ

目に映る世界

 

自分の心の中を映せる鏡がある。

 

それは、自分が見ている景色そのもの。

らしい。

・・・信じたいけれど、信じられない。

・・・わかりたいけれど、わからない。

何とも曖昧な時期を過ごしていた。

 

最近、誰かが言っていた言葉が

急に飛び込んできた。

「ありえない、理解できないと思う現象も、

実は自分の中にある心の中を取り出して、

それがドラマのように映ったり他人事のように

自分の目に映っているだけだ。

本当は自分の心の中のものが映っている。」

と、聞いた。

有名な鏡の法則。

知っていただけで、

なかなか腑に落ちなかった。

 

腑に落ちた瞬間から、ぞっとした(笑)

いろんな意味で 😳

 

一つ気付くと、オセロがひっくり返るように

パタパタと気付かされた。

 

自分の外で起こっていることは、

自分の心の中に潜んでいたことだ。

机の上が散らかっているということは、

心の中も散らかっているということ。

誰かに言われた言葉で

傷ついたりしなくていいんだ~ 😯

その言葉に反応するというのは、

自分の心に潜んでいた古傷が

まだ、治っていなかっただけ。

たぶん、

その古傷の手当てを考えなさいという

お知らせなのだ。

 

そうかぁ~ 😳

 

目に映る人や、景色、聞こえる言葉は、

丁寧に受け止めたい。

慎重に見守りたい。

言葉を大切に扱おう。

自分の感情も相手の感情も、

鏡に映っているとわかったら、

私は、どんな顔をして

どんな言葉を伝えたら

ハッピーになるだろうか。

 

と、思うこの頃です(^^♪

読んでいただきありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る